The Only SKY 大阪公演について

 

  ココ最近雨宮天さんについて触れることが少なくなってきていますが、決して飽きた訳ではありません。

そして昨日、雨宮天さんのツアーライブ"The Only SKY"大阪公演にいってきました。

 

  大阪オリックス劇場は1stライブの初回公演を開催した会場でもあり特に大きな意味を持ったライブだったのではないでしょうか。

この会場でAfter The Tearsをこの会場で聴いてしまうと1stライブのEnc.が蘇ってきたかのような気になります。

追憶にふけっているところですが、本題に入ろうと思います。今回のThe Only Skyは1st、2ndから大きく飛躍したものになりました。

持ち曲が増えたのでオタクさんが楽しみにしているカバー曲はなくなってしまいましたが、その分曲のバリエーションも増えましたのでずっと楽しめました。

  ただ、僕が最もお伝えしたいのはMCについてなので今回はMCの内容について2つ触れたいと思います。

  1つめは、天さんご本人は自身のことをを小心者であり、だから新しいことに挑戦しようとする時は怖気付きそうになることもある、そんな風におっしゃっていました。それを公言することで「怖いのは1人だけではないし、きっと他の誰かも同じで、そう考えると少し気が楽になる気がしませんか?(本人の発言そのままではありません)」と訴えかけていました。この発言を聞いてどう思ったかは人それぞれだと思いますが、なんだか安心というよりも挑戦することへの活力のようなものを僕は受け取りました。

  2つめはTwitterでも呟きましたが、天さんのアーティスト活動をはじめたときからの志である、"声優としてのアーティスト"少し語弊があるので言い換えると「"声優だからこそできるアーティストとしての活動"を大事にしていきたい。」という発言です。声優活動とアーティスト活動が互いに作用しあって両方とも高めていく、このような内容でした。これは今公演The Only Skyでも体現されていましたし、ご活躍されている雨宮天さんこそ言葉に説得力を持たせることができたのだと思います。

 


  MCを通して雨宮天さんの理念が以前に増して浮き彫りになりました。

僕はきっと天さんが言葉で伝える姿勢がすきで、それに憧れているのだとも思います。だからこそ下手くそだけど自分が感じ取ったものを言語化したいのだと思います。そして言葉はMCだけでなくライブの本旨である曲を歌うことを通じても伝わってきます、むしろ後者の方が重要です。オタクの皆さんにはそれぞれ違った形ではあると思いますが、その伝わってきた言葉、まだ言葉にはできない感情、そういったものを大事にしてほしいです。

 

 

 

個人的見解の押し付けになってしまい申し訳ありません。そしてここまで読んで下さりありがとうございました。

僕の次公演は神戸になりそうです。

来週以降ツアーにいかれるオタクさんは楽しんできてください。

推しのイベントに行ってきました!

 

僕が推している鬼頭明里さんのイベントが、6/2アトレ秋葉原1、6/3よしもと幕張イオンモール劇場にて行われました。

 


グランクレスト戦記 お渡し会

 僕はお渡し会って3秒くらいのものだと思っていたんですけど、このお渡し会では30秒くらいは話すことができました。接近戦がはじめてということもあり緊張してしまい(好きな女の子に告白した時の50倍の心拍数くらい)、全然話せませんでしたが...

 それでも鬼頭さんから「Tシャツ(だいまほうつかいしるーか)着こなせているよ!」と言ってもらえたりしました。至福の時間でした。

 僕より前のオタクさんの様子とか見てると上手に会話を繋げているような感じだったので、自分以外のオタクさんの感想なりレポなりを参考にしたいですね。

 


・幕張に愛知県声優がやってきた~鬼頭明里編~

 天津向さんが声優さんそして芸人さんを招いてトークやゲームをするイベントに今回鬼頭明里さんが出演されました。

 正直どんなイベントになるのかわからない状態だったので期待半分不安半分くらいの気持ちで参加しました。先に結論を言ってしまうとありえん、アド過ぎるイベントでした。衣装が可愛い過ぎる。これに尽きます。

今回のイベントは鬼頭明里さんの特技そして好きなことである絵を書くこと、これを絡めたコーナーが多かった印象があります。なので当然ながら鬼頭さんの絵をたくさん見られました。

 まず最初がまだ明かしていない特技、これだけは許せない(されたら怒る)ことなどを絵で表現して、それについてトークをするコーナー。鬼頭明里さんのことを今まで以上に知られる機会となりました。怒の感情の鬼頭さんは何故か関西弁になっててかわいらしいです。1度怒られてみたいですね。

続いて伊藤広大さん(こりゃめでてーな)×玉城泰拙さん(セブンbyセブン)さん、桜・稲垣早希さん、ジェラードンが登壇。芸人さんのコントが始まりました。お笑いに疎い僕ですがそんな僕でもわかるネタがありました。鬼頭さんも1番おもしろいと指名していましたがジェラードンのコントめちゃくちゃおもしろいですね。僕は地下アイドルの握手会でビニール袋を使うネタがツボにハマりました。

それ以降は鬼頭さんと芸人さんとのクイズゲーム対決のコーナーになりますが、書き出すと収集がつかなくなりそうなのでやめておきます。※

そして最後に、芸人さんに圧倒的勝利を収めた鬼頭さんへのご褒美(?)としてなんと!ASCAさんの「凛」をワンコーラス歌ってくれました!!地声です。最高です!!! 少し緊張した様子で歌われていましたがワンコーラスきっちり歌ってくれました。僕はよう実から鬼頭明里さんのことを知ったオタクなのでもしかしたらこれまでのイベントで歌われたのかもしれませんがおそらくキャラソンではなく地声で歌われたのは今回のイベントが初めてではないでしょうか?

今回ASCAさんの「凛」を歌ったのでひょっとするとジョイントライブでも...

 


という訳で2日間とも楽しいイベントになりました。イベント終了から1日以上経っていますがまだ思い出してはニヤニヤしております。キモいですね。僕はこれまでにもいくつか声優さんのイベントに参加しています。もちろんこれまでに参加した現場に真剣ではなかったという訳ではありません。ただ、こんなにときめきそして真剣になれたのは鬼頭明里さんが初めてです。だからこれからも精一杯応援していきたいと思います。

 

 

※覚えている記憶でジェラードン海野画伯の書いたはち丸(名古屋市マスコットキャラクター)を書きました^^;

f:id:kaizaamukaida:20180604214455j:image

 

 

今回は以上になります。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

 

 

 

ブログ開設しました。TrySail Second Liveツアー千秋楽公演を終えて...

自己紹介

 

はじめまして。この度ブログを開設しました。カイザーと申します。

早速ですが自己紹介します。

名前:カイザー

ブログ名:ぶどう糖90%

職業:学生

好きなこと:アニソンを聴くこと、声優さんやアニメ関連のイベントにいくこと。

鬼頭明里さん、TrySailさん、雨宮天さんを推してます。)

 

TrySail Seond Live Tour The Travels of TrySail

参加した公演:大阪day2、名古屋2days、幕張2days

 

ツアー2nd完走お疲れさまでした。そしてありがとうがとうございました。

千秋楽公演でかかわり、ひかるかけら原曲verを聴けて大満足です。(筆者はかかわりが大好きです)ECではsewing dreamをひさびさ流れました。この曲はTruth.が解放された名古屋公演以降流れていない曲でしたし、僕自身がこのツアーでは初めて聴いたのですごく新鮮な感じで聴けました。めちゃくちゃ人気があるという曲ではないですけど、リズミカルな曲であり、さらにECにきたことが影響して、自分のこの曲に対する印象がこれまでとグッと変わりました。

そしてこのsewing dreamもそうすけど、ステップを踏む曲って楽しいですよね。

whizとかwhizとかwhizとか...

僕、ダンスが得意ではないのですけどTrySailのライブではフリコピをして楽しんでいて、かかわりの振りのサビの部分で耳元で肘を曲げて前後に振るのとか、コバルトのサビで腕を上下にふるのとか(伝われ)大好きです。あくまで素人の個人的な意見ですが、この二つの振りって系統としては非常に似ている気がします。言語化して説明はでいませんが...

また6/6に発売のTruth.も振りが多い曲です。俊敏な動きが多く、振りを覚えるのが苦手な僕には難しい。中でも3人が1列に並んで前から順に腕をまわす場面が滅茶苦茶好きです。MVにおそらくダンスシーンがつくと思われるので家で練習がんばります。僕が振り本格的にのめり込むようになったのはここ最近のことでまだまだ未熟者ですが、いつかオタクでフリコピ練習会のようなものをやりたいですね(^-^)

ここまでつらつらと僕のお気に入り曲についてやライブの楽しみ方について書いてきました。そして今回僕が一つ伝えたいことがあって、夏川椎菜さんもブログでお伝えしていたようにライブの鑑賞の仕方は様々であって、もう少し多様性を認めてもいいのではないかということです。決して俗に言われるくそコールや光害を擁護するわけではありません。ただあまりにも敏感になりすぎて、規制が強まっていき窮屈な現場になりつつあるのも現状です。厄介にグチグチ文句を垂れているオタクももう少し寛容になる必要があるのではないか?というのが僕の意見です。

 

最後にうれしかったことを書きました。

千秋楽公演は3人全員にレスをもらえました(?)TrySailのライブにいくと必ず△つくってるオタクいますよね。僕もいつもやってます(^^;)あれ、やってるオタクがそんなに多くないので自分に対してのレスがすぐわかります。

 

今回は以上になります。ありがとうがとうございました。